愛媛・松山の街ネタ発掘!

タウン情報まつやま.com

ツイッター フェイスブック インスタグラム ライン ユーチューブ
美食倶楽部

SPECIAL

えひめの「旬」を当てよう!File17

「えひめのあぷり」で生産者へ声を届けて、 えひめの「旬」を当てよう!

知っているようで知らなかった「えひめの食」の滋味にスゴイ! をご紹介

File17 アスパラガス

春芽と夏芽があり、年に2度旬を迎える緑黄色野菜。周桑産のアスパラガス「緑のささやき」は、鮮やかな緑色の太茎で、ぼかし肥料やミネラル資材を使用しているため甘みが強くやわらかいのが特長。

“美味しい”を届けるために土づくりと管理に余念なし!

県内でシェア80%を誇るアスパラガスの産地、西条市周桑地区。ここで育てられるアスパラガスは、甘みが強くやわらかい食感が特長。そんな「JA周桑」管内で栽培に取り組む廣田さんは、長年勤めた会社を4年前に定年退職し就農した。アスパラガスは一度植えてしまえば、1つの株で20~30年も栽培できる永年作物だ。温度や湿度管理をはじめ、しっかりとした“土づくり”が大切で、米ぬかなどの有機質肥料を発酵させたぼかし肥料とミネラル資材を使い、通水性の良いふかふかな土をつくるのだとか。こうして美味しいアスパラガスを長年育てるための土台作りをしっかりとすることで、収穫時期になると元気な芽が毎日のように生えてくる。そのためシーズン中は収穫作業が毎日続くが「農業は自分の段取りで仕事ができる。作業が毎日あって楽しい」と廣田さん。今後は自身の体験を活かし、就農する人たちにその“楽しさ”を伝えていきたいと話す。

【生産者】JA周桑 廣田 浩一さん

長年勤めていた会社を4年前に定年退職し、就農。栽培面積23aを収穫期以外は一人で栽培をしているが、今後は雇用を含めた規模拡大を考えている。

【INFORMATION】

美味しいアスパラガスの選び方
穂先が筆のようにキュッと締まっていて、ピンッとまっすぐなものほど美味しい。また、茎が太く、色は濃くて鮮やかなものが、やわらかくて新鮮なのでおすすめ。

今回紹介したアスパラガス(5束)を5名様にプレゼント!
「えひめのあぷり」のダウンロードはこちらから

>>File1 乾しいたけ(タウン情報まつやま2019年6月号掲載)

>>File2 はだか麦(タウン情報まつやま2019年7月号掲載)

>>File3~6 夏野菜(タウン情報まつやま2019年8月号掲載)

>>File7・8 伊予牛「絹の味」・「ふれ愛・媛ポーク」(タウン情報まつやま2019年9月号掲載)

>>File9 新米(タウン情報まつやま2019年10月号掲載)

>>File10 新米伊予美人(タウン情報まつやま2019年11月号掲載)

>>File11・12 温州みかん・紅まどんな(タウン情報まつやま2019年12月号掲載)

>>File13 あまおとめ(タウン情報まつやま2020年1月号掲載)

>>File14・15 いよかん・甘平(タウン情報まつやま2020年2月号掲載)

>>File16 せとか(タウン情報まつやま2020年3月号掲載)



えひめの食

http://www.eh.zennoh.or.jp/ehimenosyoku/

えひめ愛フード推進機構

http://www.aifood.jp/