愛媛・松山の街ネタ発掘!

タウン情報まつやま.com

ツイッター フェイスブック インスタグラム ライン ユーチューブ
美食倶楽部

SPECIAL

えひめの「旬」を当てよう!File16

「えひめのあぷり」で生産者へ声を届けて、 えひめの「旬」を当てよう!

知っているようで知らなかった「えひめの食」の滋味にスゴイ! をご紹介

File16 せとか

清見とアンコールを掛け合わせたものに、マーコットを交配し育成した品種。魅力的な香りと濃厚な甘みが特長で、果皮が薄く袋ごと食べられるので世代を問わず人気が高い。高級贈答品としても◎。

生産者の巧みな手仕事が繊細な「せとか」を守る

数ある柑橘の中でも、特有の魅力的な香りと薄い果皮からあふれだすジューシーで濃厚な甘み、とろけるような果肉の軟らかさで、贈答品としても人気の「せとか」。生産が難しく、全国的にもまだ流通量が少ないと言われているが、「JAおちいまばり」管内では、生産農家約550戸で、年間約350トンの生産量を誇る。この大三島の豊かな自然の中で、家業を受け継ぎ、約2年半前からせとかの生産を行っている西方さん。両親や兄とともに、複数品種の柑橘の栽培を行っている。「どの柑橘も美味しいですが、やっぱり僕は『せとか』が一番好きかな」と優しく微笑むが、生産には苦労も多いと話す。夏の炎天下での摘果作業や果実の色を守るための夏の日焼け・冬の退色対策、果皮のトゲ対策など、とにかく手がかかる。ただ、そうした生産者の巧みな手仕事のおかげで、今年も美味しい柑橘が私たちの手元へ届くことに感謝したい。

【生産者】JAおちいまばり 西方 江平さん

家が代々みかん農家であったため、2年半ほど前に脱サラし、就農。現在は兄とともにせとかを始めとする柑橘の多品種栽培を行う

【INFORMATION】

ココをチェック! 美味しいせとかの選び方
紅の色が濃く、表面が滑らで艶があり、軸(ヘタ部分)の細いものが甘い証拠。皮が薄く、手でも剥きやすいのだが、果肉がジューシーなのでカットして味わうのもおすすめ!

今回紹介した「せとか(1箱)」を2名様にプレゼント!!
「えひめのあぷり」のダウンロードはこちらから

>>File1 乾しいたけ(タウン情報まつやま2019年6月号掲載)

>>File2 はだか麦(タウン情報まつやま2019年7月号掲載)

>>File3~6 夏野菜(タウン情報まつやま2019年8月号掲載)

>>File7・8 伊予牛「絹の味」・「ふれ愛・媛ポーク」(タウン情報まつやま2019年9月号掲載)

>>File9 新米(タウン情報まつやま2019年10月号掲載)

>>File10 新米伊予美人(タウン情報まつやま2019年11月号掲載)

>>File11・12 温州みかん・紅まどんな(タウン情報まつやま2019年12月号掲載)

>>File13 あまおとめ(タウン情報まつやま2020年1月号掲載)

>>File14・15 いよかん・甘平(タウン情報まつやま2020年2月号掲載)



えひめの食

http://www.eh.zennoh.or.jp/ehimenosyoku/

えひめ愛フード推進機構

http://www.aifood.jp/