愛媛・松山の街ネタ発掘!

タウン情報まつやま.com

ツイッター フェイスブック インスタグラム ライン ユーチューブ
suumoカウンター

SPECIAL

えひめの「旬」を当てよう!File13

「えひめのあぷり」で生産者へ声を届けて、 えひめの「旬」を当てよう!

知っているようで知らなかった「えひめの食」の滋味にスゴイ! をご紹介

File13 あまおとめ

「とちおとめ」と「さがほのか」を交配して誕生した品種。大玉で、果皮は橙赤色で光沢が良く、香りと糖度が高い。収穫時期は11月上旬から6月下旬と長い期間流通するのも魅力。

「あまおとめ」や農業を通しJAひがしうわの魅力を発信

海岸部、中山間地帯、山間盆地と多様な地形・気候の特徴を持ち、県内有数の多品目産地として知られる西予市。そんな西予市宇和町で、1万8千株の「あまおとめ」を両親と共に栽培する梶原雅嗣さんは、日々いちご作りに情熱を注いでいる。一度は東京で仕事に就いたが、子どもの頃から親しんでいた農業を継ごうと決意しUターン。仕事としてはゼロからの挑戦だったが、両親をはじめ、同じ農業の道を進む地元の仲間たちが農業について一つひとつ教えてくれたという。梶原さんは、「糖度や形を統一し難いのがいちご作りの難しいところ。だけどそこが面白いんです。そして、消費者の『美味しい』という声を聞いたときが一番嬉しいです」と話す。より多くの人にいちごの魅力を発信すべく、農作業の傍らいちごの加工品にもトライ。「そのままのいちごだけではなく、いろいろな形でJAひがしうわのいちごを楽しんでもらいたい」と笑顔を見せてくれた。

【生産者】JAひがしうわ 梶原 雅嗣さん

東京から地元・西予市宇和町へUターンし、両親の下で就農。いちご以外にも水稲、麦、大豆など、様々な農作物を栽培している

【INFORMATION】
豪華賞品が当たるひめライスキャンペーン

「ひめライス」の対象商品についている「応募シール」や「ひめマーク」を集めると、伊予牛「絹の味」など豪華賞品が当たるキャンペーンを実施中。応募方法などの詳細は「ひめライス」ホームページで!

今回紹介したキャンペーンより「あらうまい! 愛媛県産コシヒカリ(5kg)」を3名様にプレゼント!
「えひめのあぷり」のダウンロードはこちらから

>>File1 乾しいたけ(タウン情報まつやま2019年6月号掲載)

>>File2 はだか麦(タウン情報まつやま2019年7月号掲載)

>>File3~6 夏野菜(タウン情報まつやま2019年8月号掲載)

>>File7・8 伊予牛「絹の味」・「ふれ愛・媛ポーク」(タウン情報まつやま2019年9月号掲載)

>>File9 新米(タウン情報まつやま2019年10月号掲載)

>>File10 新米伊予美人(タウン情報まつやま2019年11月号掲載)

>>File11・12 温州みかん・紅まどんな(タウン情報まつやま2019年12月号掲載)



えひめの食

http://www.eh.zennoh.or.jp/ehimenosyoku/

えひめ愛フード推進機構

http://www.aifood.jp/