愛媛・松山の街ネタ発掘!

タウン情報まつやま.com

ツイッター フェイスブック インスタグラム ライン ユーチューブ
ひめ博

SPECIAL

生産者へ声を届けて、 えひめの「旬」を当てよう!File9

「えひめのあぷり」で生産者へ声を届けて、 えひめの「旬」を当てよう!

知っているようで知らなかった「えひめの食」の滋味にスゴイ! をご紹介

File9 新米

JAえひめ南管内は温暖な気候のため田植えが早く、8月上旬には県内で一番早く収穫が行われる。主な品種はコシヒカリで程よい粘りと旨み、良質な食感が特長。

【生産者 岡田久史さん】
定年後、農業に従事し現在は農事組合法人いわぶちの代表組合長を務める。作付面積は29haで、米と大豆のブロックローテーションで生産を行う

豊かに実った新米に込められた作り手の想いを感じて

これから実りを迎える秋に、多くの人が楽しみにしている食材といえば「新米」。気候がよく、空気や水もきれいな愛媛にはたくさんの“米所”があるが、その中でも早期米で知られる宇和島市津島町の「農事組合法人いわぶち」では、温暖な気候を利用し4月上旬から田植えが始まる。広大な農地では米と大豆でブロックローテーションを行い、水田の転作作物の生産性向上にも力を入れている。「大豆を収穫した翌年に植えた稲は実りがよく米の味もいい。8月初旬には稲刈りが始まるので、家族に『お盆に新米が食べられるなんて幸せ』と言ってもらえることが何より嬉しいですね」と話すのは代表組合長を務める岡田さん。「高齢化が進んでいるので、農地を私たちが管理することで、委託した人には喜んでもらっている。今後は地域ぐるみで若手の人材確保を行いたい」と力強く話す。たくさんの人の汗と努力、想いが詰まった新米の美味しさをしっかりと味わってほしい。

【INFORMATION】
豪華商品が当たる新米キャンペーン実施中
令和初の新米を記念し、伊予牛「絹の味」や「ふれ愛・媛ポーク」など豪華商品が合計900名に当たる「新米キャンペーン」を実施中。詳しくはひめライスのホームページをチェック!

今回紹介した石鎚(愛媛県産コシヒカリ)5㎏を3名様にプレゼント!
「えひめのあぷり」のダウンロードはこちらから

>>File1 乾しいたけ(タウン情報まつやま2019年6月号掲載)

>>File2 はだか麦(タウン情報まつやま2019年7月号掲載)

>>File3~6 夏野菜(タウン情報まつやま2019年8月号掲載)

>>File7・8 伊予牛「絹の味」・「ふれ愛・媛ポーク」(タウン情報まつやま2019年9月号掲載)



えひめの食

http://www.eh.zennoh.or.jp/ehimenosyoku/

えひめ愛フード推進機構

http://www.aifood.jp/