愛媛・松山の街ネタ発掘!

タウン情報まつやま.com

ツイッター フェイスブック インスタグラム ライン ユーチューブ
美食倶楽部

えぷりノート

2020.3.18
Wed

今月の注目アーティスト~LONGMAN~

えぷりノート

今回は、愛媛発の男女ツインボーカルメロディックパンクバンド、LONGMANのみなさんにインタビューさせていただきました!

2月5日リリースのメジャー1stフルアルバム『Just A Boy』の魅力について、たっぷりとお話をうかがってきたので、ぜひチェックしてみてください。

PROFILE

愛媛発の男女ツインボーカルメロディックパンクバンド。

2019年11月6日リリースの『Wish on』で待望のメジャーデビューを果たし、大型フェスでは観客を熱狂の渦へと巻き込んだ。

そして今年の2月5日にメジャー1stフルアルバム『Just A Boy』をリリース。

人気アニメやドラマとのタイアップも決まるなど、今大注目を集めるグループだ。



▶写真左から

——————–

ほりほり(Dr.)

誕生日:4月30日

趣味:ゲームと野球

——————–

さわ(Vo./Ba)

誕生日:10 月19 日

趣味:読書( 小説や漫画)・アニメ鑑賞

——————–

ひらい(Vo./Gt)

誕生日:1月8日

趣味:野球

——————–

インタビュー

-2月5日にリリースとなった、アルバム『Just A boy』ですが、すっごい作品になっていますね。

LONGMANらしいパワフルな楽曲ももちろん素敵ですが、ゆっくりと落ち着いたテンポの楽曲も新鮮で良いな~と思いました。



(全員)ありがとうございます!



-アルバムが完成した今、どのような心境でしょうか?



(ひらい)良いのができたな~と感じています。

だからこそ、これは売らないといけないというプレッシャーもありますね。



―周りの反応はいかがですか?



(ひらい)高く評価してくださっていて、とても良かったなと思います。

でも、自信作なだけに、もっとたくさんの人に知ってもらいたい、という気持ちです。



―そもそも、『Just A Boy』というアルバム名にはどういった意味が込められているのでしょうか?



(ひらい)“初心を忘れない”という気持ちでこの名前にしました。

僕はバンドをやっている間はずっと“青春”だと思っています。

だから、メジャーデビューしてもそんな少年の心を持っていたいという想いでこのアルバムを作りました。



―メジャーデビュー初のフルアルバムということですが、やはり特別な想いはありますか?

(ほりほり)メジャー1stのフルアルバムだから、というのはあまり意識していないですね。



(ひらい)毎回どのアルバムにもチカラを入れているのは確かで、でもメジャー1stフルだからといって特別チカラが入ったわけではないです。

今まで応援してくださったファンの方たちに、良い意味で僕たちは変わっていなよというところを見てほしい、そんな意識で作りました。

今までのLONGMANらしさを大切にしつつ、新しい部分も僕たち流に消化して1枚に詰め込めたんじゃないかなと。



-さわさんはどうですか?



(さわ)私もそんなにメジャー1stフルという点は意識していなかったです。

いつも通りそのときに1番良いものを作りたいと思っていました。



―今回収録されている曲は、活動休止中やメジャーデビュー前に作られた曲が多いと思います。

みなさんがその当時トライしたことが反映されたアルバムになったと思いますが、今までとは違ったアプローチの仕方みたいなのはありましたか?



(ひらい)そうですね。中でも『Replay』なんかは一番古くて、3年前に作ったものです。
こんな楽曲もやってみたいな~という気持ちはあったんですけど、当時はバリバリのメロコア(メロディック・ハードコア)をやっていたので・・・。

今出してもお客さんに受け入れられないんじゃないかな~と、出す時期をうかがっていたんです。

それで、今回ドラマの主題歌も決まり、丁度良いタイミングで出せたんじゃないかなと。

LONGMANのバラエティ感も広がってきたと思うので、今ならお客さんも受け入れてくれるだろうと思ってこのタイミングでの発表になりました。



―それでは、今後はさらに楽曲の幅を広げていきたいという気持ちですかね?



(ひらい)そうですね。もともとはメロコア好きの人に届けば良いなと思ってやっていたんですけど、僕たちも活動する中でやりたいことや、できることも増えてきたので、それがいろんな人に届けば良いな~と思っています。



―先程も話に出ましたが、『Replay』はドラマ「ゆるキャン」の主題歌になったことが大きいと思います。
そのへんの反響はいかがですか?



(ひらい)愛媛では地上波で放送されていないのが残念なのですが、「ゆるキャン」というワードはかなり大きいなと思います。



(さわ)今回人気漫画の実写化ということで、原作ファンの友だちから「スゴイやん!」という連絡をもらいました。

久しぶりに中学の友だちから連絡がきたり、そういった部分でみんなに私たちの曲を知ってもらえるきっかけになったという実感が湧きました。



―やはりタイアップ曲があることで、メジャーバンドになったな~という実感が湧くものですか?



(ひらい)そうですね。どうしてもバンドをやっているだけだと、今の自分の立ち位置が分かりにくいのはあります。だから、タイアップ曲があると今の僕たちの指標になるかなとは思います。



―みなさんがそれぞれ今回のアルバムの中で、推したい曲はありますか?



(ひらい)『Mind Of Past』です。

僕はずっとSum 41というバンドに憧れていて、こういうのをやりたいなと思いながらも技術的に難しかったんです。

今回はやっと僕が10代の頃に憧れていたものを具現化できた気がします。

だから個人的にもこの曲が人気が出たら良いな~と思っています。



(さわ)えぇ~めっちゃ悩んじゃいますね・・・。

『Just A Boy』は、どストレートなメロコアって感じで好きですし、『She Is Coming』は爽やかな感じがめちゃくちゃ好きですし、『One Day』は、新しいことに挑戦できて、それが良いカタチになったので聴いてもらいたいですし・・・、『Replay』も・・・(笑)。
とにかく全部好きだな~って思います。



-さわさんの“好き”がとにかく詰まったアルバムなんですね(笑)



(さわ)そうなんです(笑)



-ほりほりさんはどうですか?



(ほりほり)僕は『No End』ですね。

この曲はイントロ部分の連打がすごく速くて、作った当初はギリギリ叩けないぐらいだったんです。

今は全然できるようになったんですけど。苦労したって意味で、思い入れの強い楽曲ですね。



―今回のアルバムのひとつのキーワードとして「繋がり」を大切にしていると思うのですが、みなさんが最近印象に残った「繋がり」はありましたか?



(ほりほり)僕たちをお手伝いしてくださるスタッフさんの人数が、すごく増えたと思います。



(ひらい)とにかくたくさんの人に出会うので、名前と顔を覚えるためにメモ帳に名前と特徴を書き留めるようにしているんです。

キャンペーンなどで各地を回るときも、付いてきてくださる人がいて、本当にありがたみを感じますね。



―メジャーデビューをした今だからこそ改めてお聞きしますが、みなさんが思うLONGMANの良さとはどういった部分でしょうか?



(ひらい)メロディの良さと、それを引き立てる編曲ですかね。



(ほりほり)曲に疾走感があると思います。

それはツインボーカルだからこそできることだと思っています。

僕たちは当たり前のようにやっている曲も、他のドラマーからは「LONGMANの曲は速すぎて叩けない」と言われたりもしました。

そこで自分たちの曲のスピード感に気がつくなんてこともありましたね。



(さわ)私は、歌詞の良さだと思います。

無理に元気づけるような内容じゃなくて、そっと心に寄り添ってくれるような歌詞は、私自身とても好きです。



―4月25日(土)に「松山市総合コミュニティセンター」で行われるツアーファイナルですが、それに向けての意気込みを教えてください。



(ひらい)地元の大きな箱でやれるのは、めちゃくちゃ感慨深いです。

小さなライブハウスから、8年越しにこんな大きなステージに立てるというで、本当に嬉しく思います。

僕らにとってもお客さんにとっても特別な1日になるように、しっかりと準備をしているので、楽しみにしていてください!



(さわ)普段はライブハウスでやることがほとんどなので、ホールでパフォーマンスができることをとても楽しみにしています。

たくさんのお客さんが入れる分、私が一番楽しいと思う時間を大勢の人たちと共有できることに喜びを感じています。



(ほりほり)ツアーを経てバンドって成長していくと思っていて、その集大成とも言えるライブにしたいです。だからこそ、ツアーファイナルまでの1つひとつのライブを大切にしていきたいです。



―最後に読者のみなさんへメッセージをお願いします。



(ひらい)8年やってきた中で1番自信のある良いアルバムができたので、ぜひ聴いてみてください。



(さわ)今回のアルバム『Just A Boy』に、私自信支えられることも多いです。

だからこそ、たくさんの人に広まって、長く愛されるアルバムにしたいと思っているので、一度聴いてみていただけると嬉しいです。



(ほりほり)ライブとCDは全然別ものだと思っているので、ライブ特有の空気感をぜひ感じてほしいと思います。

絶対後悔させないパフォーマンスをするので、ぜひライブ会場へ気軽に足を運んでいただけると嬉しいです。

LIVE情報

TOUR 2020 "Just A Boys&Girl”
日程:4/25(土)

会場:松山市総合コミュニティセンター

開場 17:00/開演 18:00

W/BLUE ENCOUNT



[チケット]

¥3,300



▼チケット購入は以下のサイトから▼

イープラス

https://eplus.jp/longman/


チケットぴあ 【168-473】

https://w.pia.jp/t/longman-tr/


ローソンチケット 【61791】

https://l-tike.com/longmantour


LINEチケット

https://ticket.line.me/sp/longman2020


[お問合せ先]

デューク松山

089-947-3535

CD情報

2020年2月5日Release

メジャー1stフルアルバム

『Just A Boy』 2,750円(税込)



収録曲(全11曲)

【01】Opening
【02】Nothing On My Back
【03】Mind Of Past

【04】Memory

【05】Replay
【06】Take Your Time

【07】Wish on

【08】She Is Coming

【09】No End

【10】One Day

【11】Just A Boy



▼詳しくはコチラ▼

https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/LONGMAN/special/Just_A_Boy/

いかがでしたか?
LONGMANの楽曲はいつも聴く人の心にそっと寄り添ってくれます。
いつもエネルギッシュでパワー溢れる彼ら。
そのパフォーマンスの凄さをぜひライブ会場で体感してみてくださいね。